ピルは避妊だけでは無く、美肌効果もあります。

美容効果のあるピルについて

ピルは内科ではなく産婦人科などのクリニックで処方

ピルとクリニックのイメージピルは婦人科や産婦人科で取り扱っている薬です。内科では処方してもらうことはできないので、ピルを処方してほしいときは、内科ではなく、婦人科、もしくは産婦人科で検査を受けて、自分の体質にあったピルを処方してもらうようにすることが大切です。
内科でも処方をすることは可能ですが、医師も専門外であったり、内科で扱われている薬などと少し違いがあるので、難しいといえます。また、クリニックなどできちんと検査を受けることで、自分の体質、どのようなピルがあうのかなどを判断することができるということです。
クリニックは産婦人科や婦人科であること、そして自分の通いやすい場所にあること、それからいざというときにすぐに頼ることができるように信頼ができるところであること、というのが大切です。
ピルは1シートで28日分になっています。28日のうち、7日間を使用しないことを考えても1ヶ月に1度か2度ほどクリニックなどに通う必要があります。なので、きちんと通うことが出来るように、自分の通いやすい範囲にあるところを探すようにしておくことです。
ピルにはいろいろな種類のものがありますが、そのどれにも同じように卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれているといいます。その理由は、このホルモンによって排卵を抑えることができ、妊娠をしないようにしているということなのです。ピルを正しく服用すれば、避妊の成功率はほぼ100パーセントといえます。
また、ピルを服用することで、様々なメリットがあるといいます。たとえば、生理痛の軽減や生理不順、それから出血量も少なくなるので生理中の貧血症状の改善も期待することができます。月経前症候群にも効果があるということで、女性には嬉しい効果がいろいろとあるということです。